冬だけじゃない!夏の北海道旅行の見どころとは

夏の北海道で雄大な自然を楽しむ

夏の北海道は気温が低く過ごしやすいため避暑地としても人気が高く、冬のシーズン同様多くの観光客が訪れます。夏の北海道は絶景スポットが多く、雨竜郡にあるひまわりの里と呼ばれる場所は、夏の短い期間限定で広大な敷地一面に咲くひまわりを楽しむことができます。国内最大級のひまわり畑に咲くひまわりは、七月から八月のシーズンのみ見られるため、夏の北海道旅行に行く際には足を運びたい場所です。

実はダイビングスポットもある

ダイビングと聞くと南国のイメージがありますが、実は北海道にもいくつかのダイビングスポットが存在します。ダイビングは一年を通して可能ですが、水中の気温が高くなる夏のシーズンに最も利用客が増えます。北海道の支笏湖は高い透明度が特徴で、ヨシノボリやニジマスといった淡水の生物を観察することが可能です。札幌からいくことができる積丹は透明度が高く、イカやイシダイ、ヒラメなどの海の生物が観察できます。南国の海とは違う生物が見られることも、北海道のダイビングの魅力です。

夏の北海道はグルメの宝庫

北海道のグルメといえば海産物ですが、中でもウニは5月から8月に旬を迎えるため夏の北海道に訪れた際には食べたい一品です。他にもイカやホッキ貝も夏に旬を迎えるため、多くの海産物を楽しめます。野菜ではカボチャやジャガイモも夏が最も美味しいシーズンです。果物では夕張メロンがおすすめです。6月から7月にかけて旬を迎える夕張メロンは、鮮やかなオレンジ色と強い甘みが特徴で、北海道のお土産としても人気があります。

まず食べることを考えれば、北海道の旅行は秋です。おいしい山の幸,海の幸がよりどりみどり。それも安価でお腹いっぱい食べられます。